間違えやすい英語表現

もう間違えない!「back of〜」,「behind〜」の使い分け【間違えやすい英語表現】

投稿日:

【間違えやすい英語表現】


おはこんばんにちは!KACEです!

 

 

「ねえ、なんかサムの後ろに誰かいない?」

 

「この列の後ろに並んでください」

 

 

この2つの「後ろ」の違い。みなさんわかりますか?

日本語ならなんとなく「感覚」でわかりますよね!

 

1つ目の「後ろ」は、「その人物に対しての後ろ」を表していて、

2つ目の「後ろ」は、「前方に対しての後方」を表しています。

 

これが英語に変わったら、余計にわけわからなくなっちゃいますよねー。

 

今回は、「behind」と「back of」のニュアンスの違いについて書いていきます。

 

それでは見ていきましょう!

 


「behind」の使い方

behind①

(前)〜の後ろに、後に

 

ex)Hey, is somebody behind Sam ?

「ねえ、なんかサムの後ろに誰かいない?」

 


「behind」は、「後方」「後ろ側」など、

ある具体的なものから見た「後ろ」を表します。

 

例えば、「サムの後ろ」は、サムが駐車場にいても、家にいても

サムがその時立っている場所での「サムの後ろ」になります。

 

また、何かものを残す、置いていくときも「behind」副詞として使います。

 


behind②

(副)後ろに

 

ex)I left behind my umbrella on the train.

「傘を電車に置いてきちゃった。」

 

leave:置いていく、残す、去る

leave A B:AをBに置いて去る

 


この場合は、

 

I  left    / behind / my umbrella / on the train

[残した]  [ 後ろに]         A           B

 

この時の「behind」は「わたし」が「電車を降りる時での後方」ですね!

 


「back of 〜」の使い方

back of 〜

〜の後ろ、裏側、奥

 

ex)Please, go to the back of this line.

「この列の後ろに並んでください。」

 


対して「back of 〜」は、「後ろの方」や「奥の方」、「裏側」など

「前方、前」に対して存在する「後ろ」を表しています。

 

例えば、「列の後ろ」は

「列の先頭」に対しての「列の後方(最後尾)」

を指していますよね。

 

「サム」には前方も後方もありません。

「サムの前の方」(=横から見て耳より前半分?w)なんて普通言いませんよね。

あるのは「前面(正面)」か「背面」ですね。

 

と、ここで出てきた「背面」。

実は「back」には「背中」の意味もあるんです٩(๑❛ᴗ❛๑)۶


back

背中

 

ex)My back is itchy.

「背中がかゆいー。」

 

itchy:かゆい

 


この「背中」は、『人間の体の裏側=背中』ということ、

つまり、「前面(正面)」に対しての「裏面(背面)」を表していますよね。

 


例文を確認して覚えよう!

 

ex)I sit in the back of the car.

「車の後ろ(座席)に座る」(車内)

 

ex)I sit behind the car.

「車の後ろ(外)に座る」(車外)

 

ex)I’ll be waiting for you at the back of the cafe.

「カフェの裏手で待ってるね。」(ほぼ同じ意味)

 

ex)I’ll be waiting for you behind the cafe.

「カフェの後ろで待ってるね。」(ほぼ同じ意味)

 

ex)the back of the mask.

「被り物の裏側(=後頭部)」

 

ex)behind the mask

「被り物の裏(=内側、被っている人の顔)」

 


終わりに

いかがでしたでしょうか?

こういった微妙な違いは、

その言語を第一言語とする人にとっては簡単な違いですが、

私たちにはちょっと難しいですよね。

ですが、実際に使ったり、見たり聞いたりしているうちに

その感覚がつかめてくるものです。

なので、大変ですが一緒に頑張りましょー٩( ᐛ )و

それぢわByeʕ•ᴥ•ʔ

KACE

もう1つ読んでミル?(๑・̑◡・̑๑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です