slang/スラング

「holy shit」→「やべえ、ナンテコッタ、マジかよ」意味や由来、使い方も!【スラング】

投稿日:

【スラング】


holy shit

やべえ、なんてこった、ありえねえ、信じられない、マジかよ、クソ、おいおい

 

ex)I spent 53 hours listening to 5sos holy shit.

「5sos(アメリカのバンド)聴くのに53時間も使ってたわ。はんぱねえ。」

 


何か驚いた時や、信じられないものを見たり聞いたりした時、

都合が悪いことに遭遇した時、つい口から出てしまうような言葉「holy shit」

 

日本語だと「ええーっ!?」とか「うわ、マジかよ!?」、「クソっ」みたいな。

 

映画やドラマなどでもよく使われます(๑・̑◡・̑๑)

 

では、なぜ「holy shit」なのでしょう。

 

「shit」だけでも上記のような使い方をしますよね!

 


世界的にキリスト教が主要な宗教なのはご存知ですよね。

 

キリスト教が広く信仰されている英語圏では、

「神様」のことを直接「God」とはなるべく言わないようにします。

 

僕は無宗教ですが、主たる神の神聖な名前を軽々しく口にするのは

よくないことなんだなっていうのはなんとなく想像ができます。

 

なので、「God」の前に「holy」をつけ、

「holy God」(聖なる神)とすることで口にしやすくなりました。

 

神様の人の姿ver.(真の姿)を「Jesus Christ」と言います。

この「Jesus Christ」

驚いた時や、悪いことに遭遇した時など使われる

感嘆語のような意味を持っています。

「なんてこった!」みたいな。

 

そして、話は「shit」に戻ります。

 

「shit」「taboo words」(言ってはいけない汚い言葉)の1つです。

ですが、もちろん日常会話ではバンバン使われますよね。w

 

「よく使われるけど、実際使うのはよくないよなー。」ってなったとき、

白羽の矢が立ったのが「holy」です。

 

「言えないものを言えるようにする聖なる力」が「holy」には宿っている!

 

よし!くっつけよう(`・ω・´)

 

てな訳で「holy shit」になりましたとさ。

 

そして、「Jesus Christ」と同様な使われ方がされるようになりました。

 

似たような意味で、

「holy clap」「holy moly」「holy cow」などがあります!

 

それぞれについてはこちら⤵︎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です