slang/スラング

「smart Alec」→「嫌な奴、知ったかぶりな奴、自惚れてる奴」意味や由来、使い方も!【スラング】

投稿日:

【スラング】


Smart Alec

嫌な奴、知ったかぶりな奴、自惚れてる奴、うんちくマン、キレるヤツ

 

ex)Tim: You don’t know even that ?

      Mom: Hey Tim, don’t be Smart Alec.

ティム「そんなことも知らないの?」

ママ「こーらティム、そんなことを言わないの。」

 


頭がいいことをひけらかしたり、本当は大したことないのに

賢い人間かのように振る舞う人のことを「smart Alec(k)」と言います。

 

単純に頭いい人のことをこう呼ぶこともあるらしいです。

自分は聞いたことはありません。笑

 

似たような表現「smart ass」のより丁寧な表現、子供に言う時の表現として

使われることもしばしば٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

「smart ass」についてはこちら

 

 

長い間この「Alec」は実在の人物ではなく、フィクションの人名だと思われていましたが、

ミズーリ大学の教授がその起源を明らかにしました。

 

由来とされる人物は、「Alec Hoag」

1840年代のニューヨークを縄張りにしていたナンバーワン「pimp」です。

 

「pimp」とは、個人でやっている娼婦たちを囲って、自分の手引きで男どもの相手をさせ、

その売り上げを貢がせる商売をする人を指す言葉です。

 

そして、頭のいい彼は「pimp」の客相手に「詐欺」や「泥棒」も行い、

一石三鳥の悪行を重ね、悪名を馳せていました。

 

Origins Of Smart Aleck

売春婦が寝ている客から金品を盗んでいる様子。                                                                  Getty Images

 

Alecは、客たちが保身のために、Alecの犯行について警察に通報しないことをいいことに、

警察への賄賂を払わなくてもいいんじゃないかと感じ、賄賂をやめてしまいます。

完璧なビジネスモデルが出来上がったと思ったのでしょうね。

それが彼の最大の“うぬぼれ”でした。

 

賄賂のなくなった警察(Alecと繋がっていた捜査官)は彼を逮捕します。

ですが、さすが“自惚れ屋Alec”、刑務所に入って間も無く、脱獄を試みます。

しかしながら、脱獄は成功せず、その後永久に獄中にいることとなりました。

 

彼は獄中であるニックネームをつけられました。

それが「Smart Alec」です。

賢すぎて自分のためになっていない、という皮肉を込めてとある看守が名付けました。

 

その後、自分は警察や看守たちよりキレるやつ、賢いやつ、と

自惚れている囚人たちは「Smart Alecks」と呼ばれるようになりました。

 

そして、彼が捕まって約20年後、どういうわけか一般社会の中でも

そのニックネームが広まっていき普及していきましたとさ。٩( ‘ω’ )و

 

いい方向に才能を発揮できていたらよかったのに。

もったいないですね( ´Д`)y━・~~

 

もう1つ読んでミル?(๑・̑◡・̑๑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です