Lifetrivia

一時間雨量2,30mm以上は警戒しよう!台風について知っておきたいこと。

投稿日:

「台風が来るときに注意しておくべきことは?」

 

「台風ってどこから来てるの?」

 

「台風によって起こる被害を知っておきたい」


おはこんばんにちは!Kです!

 

通るたびに甚大な被害をもたらす台風。

 

今回はそんな台風について、気をつけるポイントや、

豆知識なども混ぜながらわかりやすく書いていきます。

 

それではいきましょー!

 


台風とは

台風とは、最大風速の強い熱帯低気圧のこと。

台風の気圧の最も低いところを「気圧中心」と呼び、

その「気圧中心」がある地点によって名前が変わってきます。

 

 

例えば日本付近にあるものは、「台風」、アメリカ付近にあれば「ハリケーン」

東アジア、南太平洋付近にあれば「サイクロン」です。

呼び方が違うだけで、全部同じものなんですね!

 

なので、日本付近を通過したはずの台風が違うエリアにまで到達して

呼び方が「ハリケーン」に変わるなんてことも!

 


台風の風の強さ

ただの熱帯低気圧が台風と呼ばれるには条件があります。

先ほど最大風速の強い熱帯低気圧が台風と言いましたが、

正確には、低気圧内の

「中心付近の最大風速(10分間の平均)17.2m/s以上」

のものが台風になるのです。

しかし、実際にこの風の強さはどのくらいのものなんでしょうか?

 

イメージが全くできませんww

 

気象庁様から拝借致しました。

(出典:気象庁)

こう見ると

 

「中心付近の最大風速(10分間の平均)17.2m/s以上」

 

って普通に強いですね。

 

 

平均風速20m/s以上は、人への影響や屋外の様子の欄を見てもらうとわかるように、

屋外がとても危険なのが容易に想像できますね。

 

 

台風が来るたびに、「高齢の男性が突風にあおられ転倒」、

「工事現場の足場が強風により崩落」、「離剥物により負傷」など

毎回似たような事故のニュースを目にします。

これらの事故は防ぎようしかないと思うのですが、どうでしょうか?

「台風の中、本当に外に行かなくてはいけないのか?」

「事前に準備、対策は出来ないのか?」

よく考えて行動してもらいたいですね。

 

 

現代の科学力のおかげで台風のおおよその規模や勢力を知ることができるので、

対策をしっかり考えて自分に被害がないように心がけたいものですね。

 

台風が風の強い低気圧なのはわかりました。

ですが実際に被害が大きいのは、「河川の氾濫」や「土砂崩れ」など、

その豪雨によって引き起こされる災害です(´・ω・`)

 


雨量と危険度

台風において注意すべきは、風だけではありませんね。

どれくらいの雨量でどれくらいの危険度なのかを知っておけば、

事前に正しい行動がとれますね!

 

5〜10mm/h:すぐに水たまりができ、雨音がよく聞こえる。

10〜20mm/h:雨音で話が聞こえないことがある。長雨の場合、災害の警戒が必要。河川の増水。

 

20〜30mm/h:下水が溢れ、小河川が氾濫することがある。崖崩れの危険も。

 

30mm/h〜:バケツをひっくり返したような豪雨。危険地域は避難準備を。自己判断で自主避難も。

 

一時間で降る雨量に対する状況の目安はこのようになっています。

 

 

次に、気象庁が発表する警報、注意報の目安を見ていきます。

 

大雨注意報:一時間に20mm以上の雨が予想される場合で、災害の恐れがある場合に発表されます。

大雨警報:一時間に40mm以上の雨が予想される場合で、重大な災害の恐れがある場合に発表されます。

 

洪水注意報:一時間に30mm以上の雨が予想される場合で、洪水による災害の恐れがある場合に発表されます。

 

洪水警報:一時間に40mm以上の雨が予想される場合で、洪水による重大な災害の恐れがある場合に発表されます。

 

基本的には2,30mm/h以上の降水量から警戒はしておくべきかと思いました。

雨だけではなく、その他の要因により予想外の被害も考えられるからです。

例えば、「その川の上流では長雨が続いていたため、

下流ではさほど雨が降っていないにも関わらず河川が氾濫する」など。

 

 

自分の住んでいる地域の地理を考えて、

避難するタイミングを家族と話し合っておくといいですね。

近くに河川がある地域、海沿いの地域、周りを山に囲まれていて

土砂災害が予想される地域など。

 

正確な情報をコンスタントにチェックしつつ、家族間でもこまめに情報交換できるといいと思います。

 

 


終わりに

いかがでしたでしょうか?

台風が来るたびに誰かがお亡くなりになったり、怪我をされたりするのを見て、

「そういった事故を防げないのか」と思い書いてみました。

特に田舎の高齢者の方の多い集落では、

常に正確でわかりやすい情報を得られるシステム

必要になっているのではないかなと感じました。U・x・U

合わせて、「災害時に必要なもの」も是非お読みください。

それぢわByeʕ•ᴥ•ʔ

K

 

もう1つ読んでミル?(๑・̑◡・̑๑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です