Germany/ドイツ Working Holiday/ワーホリ

【ドイツワーホリ】日本から持って行くべきもの、持って行かなくていいもの【独自節約術】

2020-04-21

おはこんばんにちはコーキ(@BASEofKACE)です。

 

今回は、

 

「日本からドイツワーホリに持って行くべきもの、持って行く必要のないもの」

 

について書いていきます。

 

スーツケースには容量がありますし、後々送るとしても結構な金額がかかってしまいます。

 

皆さんのワーホリの予算案づくりも考慮に入れて、それぞれの金額と合計額もあわせてご紹介します。

 

こちらでワーホリ渡航前までにかかった全費用を公開していますので、ぜひこちらも参考にしてみてください。

 

必要なものは人によるので、男子目線、女子目線両方の立場から書いていきたいと思いますね!

 

それでは見ていきましょう。

無料預け入れ可能な大容量スーツケース

まず、無料預け入れが可能で、荷物がたくさん入る大容量のスーツケース。

 

はじめのうちは、国内旅行に使っていた45Lのスーツケースで十分やろ、とか思っていましたが実際むりげですw

 

到着してからいろいろ送ってもらうとかも選択肢にはありますが、海外への配送料はなかなか高いです。

 

なので後々送るとしても、スーツケースで運べるだけ運んじゃったほうがお得かと思います。

 

コーキ
この先も使えるしね。

 

僕が選んだのは「サムソナイト」の「スピナー76」です。

 

このスーツケースは一般的な無料預け入れサイズ158cm(航空会社や搭乗クラスによって異なります。)に収まり、かつソフトケースなので荷物が自由に入れらる(最悪無理やり詰め込めるw)という最強なスーツケースなのです!

 

知っている方もいらっしゃるかと思いますが、サムソナイトは信頼がおける有名老舗メーカーでデザインもかっちょええです。

 

コーキ
かっこよくて気に入ってます。はい。

 

値段も28,000円と決して高いわけでもなく、アリかと思います。

 

実際僕は節約志向で、ブランドものとかにこだわりはない性格なのですが、他の安物を買って使って間もないのに旅先でいきなり壊れるなどのリスクを考えてこれにしました。

 

コーキ
移動中に壊れてフライト間に合わないとかシャレにならないですからねw

 

容量は106Lでメーカー保証が3年分ついています。

 

僕は、このスーツケースで

  • ロングコート
  • 冬用ブルゾンジャケット
  • セーター
  • スウェット(部屋着じゃないよw)
  • ブルゾン
  • カバーオール
  • プルオーバー2
  • シャツ類4
  • パンツ3(ボトムス)
  • スポーツジャージ上下
  • 部屋着
  • ヒートテック4枚
  • Tシャツ類6枚
  • 靴下10ペア
  • 下着10着
  • 靴1ペア
  • 帽子2(ビーニー、キャップ)
  • バスタオル1枚
  • タオル5枚
  • 音楽機材(キーボードやインターフェース、ケーブル類、USBマルチタップなど)
  • 化粧品(シャンプー、トリートメント、ヘアオイル、パック、化粧水、乳液など)
  • ドイツ用マルチタップ電源3
  • MacBookPro13inch

を運びました。

 

他の人の荷物の中身について聞いたことがないからわからないですが、おそらくけっこう持って行ったんじゃないかと思いますw

 

もちろんこの中にフライト当日身に着けている物や、バックパックに入っている物は含んでいません。

 

機内に持ち込むバックパックも、もう一台のラップトップやヘッドフォン、iPadやらGo proやらがパンパンに入っていたので移動はかなりしんどかったですw

 

海外用の大容量スーツケースをまだ持っていない人は、チェックしてみてください!

 

 

というわけで、スーツケースで27,720円かかりました。

 

ドイツ用の電源タップ/電圧変換器/電源プラグ

百均の変換プラグでは電圧は変えられない

海外と日本ではコンセントの形も電圧も異なります。

 

なので、こちらで日本用の電化製品を使うときは変換プラグまたは電圧変換器が必要になります。

 

注意してもらいたいのが、「百均の変換プラグで大丈夫でしょ?」と思っている方!

 

ココに注意

百均の変換プラグは、コンセントの形をその国用に変えてくれるだけで電圧は変換してくれません。

電圧が違うまま使用しようとすると、そもそも使えなったり、使おうとした電化製品が壊れたり、最悪火事になります。

 

ここで必要になってくるのが電圧変換器

 

ドイツの電圧を日本の電圧に変えてくれるので、もし日本から海外の電圧に対応していない電化製品を持っていくなら必要になります。

 

皆さんが日本で使っている電化製品の中にも国際対応している物がたくさんあるので、そういったものは百均の変換プラグを付けるだけで使えます。

 

たとえば、Macbookに代表されるパソコンや音楽機材類など世界的に流通している製品は国際対応しているかと思います。

 

そういった製品は世界規模で商品を展開しているので、対応している電圧の幅が広く電圧を変換せずとも百均の変換プラグを付けてあげるだけで使えます。

 

海外では使えない日本のパソコン。「電源ケーブル」だけは日本仕様?

パソコンの場合でも電源アダプターは対応していても、日本のコンセント用の電源ケーブル部分が対応していない可能性があるため、ご自分で一度お持ちのパソコンの電源をちゃんとチェックしてください!

 

基本的にパソコンは世界対応なのですが、国によって電源ケーブルを入れ替えて出荷しているみたいですね。

 

こちらは、日本最大手のパソコンメーカー「NEC」より発売されている2020年春最新モデル「Lavie VEGA」のスペック欄です。

ココに注意

電源アダプターは対応していても、電源コードは「100V」の日本仕様となっております。

 

なので、「240V」まで対応している電源コードを購入するか電圧変換器を購入する必要があります。

 

最大手の最新モデルでこの感じなので、必ず電源コードについてはチェックしてください。

 

調べてみたところ、世界的シェアを誇るアップル社のMac bookシリーズはやはり対応していました。

 

ドイツワーホリにドライヤーやヘアアイロンを持って行く場合

日本の電化製品でも海外対応している製品は「100V-240V」の表示があると思います!

 

各電化製品の説明書や本体、電源アダプタなどにこの表示が記載されているので、事前にチェックしておきましょう!

 

ただし、最大電流も変圧器ごとに異なるので、もし消費電力の多いヘアドライヤーやヘアアイロンを持って行こうと考えている方は、それに対応した電力を確保できる変圧器を買うか、現地で調達するのがいいと思います。

 

ヘアドライヤーの消費電力は「強」で大体「1200W」なので、それに応じた変圧器を買うとすると、、、

 

安くはないですし、持って行こうと思ったらめちゃくちゃかさばります。

 

現在日本でこだわりを持ってハイエンドなアイロンやドライヤーを使っている方は、新たに現地で購入するよりもお得かと思いますので変圧器は忘れずに持って行ってくださいね!

 

特にこだわりのない方は、現地で買いましょう!

 

むしろ、シェアルームを考えている方はルームメイトが持っている可能性もあるので使わせてもらうのもいいかもしれません。

 

僕はルームメイトがヘアドライヤーを持っていなかったので、現地でヘアドライヤーを購入しました。

 

フィリップスの2500円くらいのものですが、安いのに全然ちゃちくないです。

色違いですけど、これと同じタイプ。

 

海外で電圧変換器+日本用のタコ足配線はNG?

電圧変換器に日本用のマルチタップを使って、タコ足配線で使おうと思っている方は要注意!

 

実際僕も同じことを考え、電気屋の店員さんに聞いてみました。

 

結論から行くと、

 

「使えないことはないかもだけど、うまく使えないかもしれないし、製品が壊れる可能性もある。」

 

とのことでした。

 

ココに注意

電圧を変えたところで、変換器ごとに供給できる「電流量」もあり、タコ足でいろいろつなげることで供給が追い付かないことが想定されるそうです。

 

一番は、自分の持っていく電化製品に対する必要な電圧変換器の数をあらかじめ計算してからそろえる、もしくは電化製品を現地調達するのがいいかと思います。

 

ドイツワーホリ用に購入した電圧変換器と電源タップ類と購入額

ドイツ生活でどれくらい電源を使うかを考えて、僕が実際に購入した海外用マルチタップ類をご紹介します。

 

まず電圧変換器はこちらです。

 

 

住める家が見つかるまではairbnbやホテルなどで外泊生活になると思うのですが、皆さんが思っている以上にコンセントって使いません。

 

変圧機能がついていてUSBポートが4つとコンセントが3つあり、スマホ、タブレット、パソコンなどの充電に使用してこと足りるかと思います。

 

これさえあれば、日本の電圧にしか対応していない製品も容量が許す限り(200Wまで)使えちゃいます。

 

僕みたいにより多くの電源を必要とする方以外は、おそらくこれ一つあれば大丈夫かと思います。

 

僕が持っている製品はすべて国際対応していたのでこの変圧器は必要ありませんでしたが、特に日本メーカーのパソコンをお持ちの方は要チェックですね!

 

僕の場合は音楽機材にもそれぞれ電源が必要なので、家が見つかってからは日本から持ってきたほかの海外用マルチタップも使っています。

 

こっちで日本のプラグ用のマルチタップは見たことないので、必要であればあらかじめ買っておくといいと思います!

 

僕が購入したマルチタップは、音楽機材用にコンセント3口のこちらを2つと

 

 

ベッドサイド用にUSBポート2つとコンセント2口のこちらを1つです。

 

 

これらに加え、百均(ダイソー)で変換プラグCタイプをを3つほど買いました。(カフェなど外出先で使う用)

 

ところで、他の方の記事で「百均の変換プラグでは正常に動作しないから僕がおすすめするものを買ったほうがいいですよ。」のような記事が散見されます。

 

代わりに、アマゾンなどの数倍以上もするプラグを買わせようとしている方がいらっしゃいますが僕は百均のプラグを使ってます。

 

アフィリエイト収入のためかどうかはしりませんが、使えない理由をプラグのせいにするのはよくないかと思いました。(突然)

 

正常動作しない理由として考えられることは、「対応電圧の違いに気づいていない」、「そもそも購入したプラグのタイプを間違えている」、「受け側の劣化」があげられます。

 

コンセントの変換プラグの構造はいたって簡単なので低価格帯(数百円から千円程度)の製品によって性能が異なるなんてことは到底考えられません。

 

もちろん材質や電気抵抗をとことん考慮して作られたものと比較したら差は出てくるかと思いますが、基本的にたかが変換プラグにそこまでのコストをかけてそんな「ハイエンドな変換プラグ」を製造している会社があるとは思えません。

 

当然製品側の不具合も考えられますが、不良品は百均製品だけじゃなくてもありうるものです。

コーキ
普通に考えて、テストもせず正常に使用できない製品を平気で流通させるわけないじゃんwww

 

小さなことですが、節約の観点からみてよろしくないなーと思い書きましたw

 

僕だって、やろうと思えばお金の為にアマゾンの変換プラグを紹介できますよw

 

ほれほれーw(買わなくていいです)

 

ちなみに、マルチタップ類は家電量販店で見かけた同じものより安かったのでこちらを紹介させていただきました。

 

はい。

 

というわけで、

  • 電圧変換器1つ
  • 海外対応のマルチタップ3つ
  • 百均の変換プラグ3つ

 

の合計「8,318円」かかりました。

 

ドイツワーホリ用に百均でそろえたいもの

わざわざいい値段がしたものを買わなくても、百均でそろえられるものもあります。

僕は大きめのダイソーで全部買いました。

 

パスポートケース

まずは、パスポートケース。

 

ストラップ付きなので、フライト前後に身に着けていても結んでおけば無くす心配はありません。

 

首から下げておけば安全ですしね。

 

ドイツに来てから、携帯しなければいけない時も役に立ちます。

 

ネックピロー

飛行機やバスなどの長距離移動用にネックピロー(くびに当てる枕)を買いました。

 

言うまでもなく、フライトは十時間以上の長旅になります。

 

また、ドイツに着いてからも重宝します。

 

というのも、ドイツ国内のバスはめちゃくちゃ安くてドイツ周辺を格安で移動するのにバス利用がおすすめだからです。

 

ベルリン(ドイツの東端)からデュッセルドルフ(ドイツの西端)まで2000円ほどで移動しました。

 

距離にして500km弱。東京~大阪間ほど。

 

深夜バスなら日本でもこのくらいはあるかもですが、こちらは時間帯が自由に選べます。

 

早割なども使えば、もっと安く1000円台で利用できちゃいます!

 

トラベル用100ml小分けボトル

現地についてから、家が見つかるまでは外泊になります。

 

シャンプーやトリートメントにこだわりがある方は、今まで使っていたものをこちらに移し替えて持っていくといいかと思います。

 

もちろん、滞在先がホテルの場合はシャンプーなど置いてありますし、airbnbで泊まれるお部屋でもシャンプーなどがある場合が多いです。

 

ですが、たまにシャンプーなどが置いてないもしくは使えないお部屋もあるので、持っていくか、現地で小ボトルのものを買う必要が出てきます。

 

ちなみに、こちらのお水は日本の軟水とは異なり硬水となっています。

 

そのため、シャンプーの泡立ちがよくなかったり、髪がバサバサになりやすいです。

 

そういったことも踏まえて、美容に気を使っている方は自分のお気に入りのものを持ってきて、家が決まったら現地で購入できる自分に合うものを見つけるのがいいかと思います。

 

シャンプーなどは液体物なので、「機内に」持ち込める内容量に100mlの制限があります。

 

機内に持ち込むのであれば「一つにつき100ml以下」に小分けして、中身が見えるようにしておくルールになっています。

 

もし持ち込みを考えている方がいらっしゃったら、用意しておく必要があるかと思います。

 

僕の場合は、小容量のシャンプー類を預入荷物(スーツケース)内に入れてあったので100ml以上でも問題ありませんでした。

 

実際は、機内に持ち込んだバックパック内の荷物もチェックされませんでしたし、隣の席の女性は普通に500mlのペットボトル持ち込んでましたw

 

僕が利用した航空会社はアエロフロートでしたが、航空会社ごとに規定があるのでチケットを購入する際に確認しましょう。

 

衣類用圧縮袋

スーツケースに荷物を効率よく詰め込むには、「衣類用の圧縮袋」が大活躍します。

 

旅行の際に「ジップロック」を使って荷物を小分けにして持ってくのはすでに有名ですよね!

 

衣類についてはなおさら圧縮しなければ入りきりません。(量にもよりますが。)

 

こちらは百均でいろいろなサイズが売っているので、持ってく行く荷物に合わせてそろえるといいでしょう。

 

タオル類、下着類、シャツ類、ジャケットやスウェット類などで分けてあげると、わかりやすくていいかと思います。

 

百均でのワーホリ物資購入額

というわけで、僕の場合はダイソーで

  • パスポートケース
  • ネックピロー
  • ロングコート用圧縮袋
  • 衣類用Lサイズ圧縮袋3
  • 衣類用Mサイズ圧縮袋3

を購入して事足りました。

 

合計で「972円」でした。(変換プラグを除く)

 

ちなみに耳栓やアイマスクなどはアエロフロートの場合は座席にあったので買わなくていいかと思います。

 

百均にはほかにもスーツケースベルトやワイヤーロック(席を離れるときにスーツケースに使える)などもありますので、必要な方はチェックしてみてください。

 

ドイツワーホリ用に僕が購入したものの合計額

合計額としては、

 

  • 大容量ソフトスーツケース:27,720円
  • 電源マルチタップ類:8,312円
  • 百均雑貨:972円

 

「37,004円」になりました。

 

大型のスーツケースをすでにお持ちなら必要ありませんし、今現在「もってくればよかったー」みたいなものはないです。

 

しいて言うなら、フェイスパックや基礎化粧品類はいっぱい持ってくるのがいいですw

 

やはりこちらだとアジア圏の商品を入手するのに手間もコストもかかるので、お気に入りのものがあれば余分に持ってくることをおすすめします!

 

僕は、エチュードハウスのレモンパックがお気に入りなのでいっぱい持ってきましたw

 

コーキ
やっぱり日本、韓国の化粧品類はいいよね!(メイクをしているわけではない。)

 

 

調べてみたらドイツ版のアマゾンだと15種類各1枚づつのセット販売しかなかったので、エチュードマスク愛好者であればまとめ買いして持ってくるのをお勧めします!

 

女性の方ですと、不安であれば生理用品なども多めに持ってくるのがいいかと思います。

やはり日本の生理用品は世界的に評価が高いので、ドイツの生活に慣れてお気に入りのものが見つかるまでの分はあるといいかもしれません。

 


いかがでしたでしょうか?

 

持って行けるものには上限があります。

1年で帰国する人は極力荷物を減らしたほうがいいですし、その後住み続ける予定の人も「持って行くべきもの」と「現地で調達するべきもの」を知っておくと、実際ドイツに来てから後悔しなくて済みます。

 

しっかり準備して賢くワーホリに行きましょうー!

 

それぢわ_(:3」∠)_

 

 

 

  • この記事を書いた人
コーキ

コーキ

ドイツ在住20代。音楽制作のかたわらブログサイトを運営してます_(:3」∠)_ 基本何でも独学。英語学習、ワーホリ、ドイツ、音楽について「役立つ情報」を発信しています。よろしくね。

-Germany/ドイツ, Working Holiday/ワーホリ

Copyright© BASE of KACE , 2020 All Rights Reserved.