https://baseofkace.com

SEO/ブログ運営

Google AdSense「ads.txt ファイルの問題を修正」する方法

コーキ
おはこんばんにちは!

 

コーキ(@BASE of KACE)です!

 

先日GoogleAdsenseにログインしたところ、「要注意-収益に重大な影響が出ないよう、ads.txtファイルの問題を修正してください。」と表示されました。

 

こんな表示されたら即効で修正するしかないので、今日は修正の仕方やこれが一体何なのか説明していきたいと思います。

 

グーグルアドセンスからの収入は、ブロガーさん達にとって大事な部分なのでしっかり対応していきましょう;)

 

Google AdSenseのads.txtファイルって何?

そもそも「ads.txtファイル」って何なのって話なんですが、

Quote

ads.txtアズテキスト)とは、サイト運営者が認定した販売者のみデジタル広告枠を販売する仕組みです。

これは、必須ではありませんが、運営しているサイトのなりすましによる広告収入減などを防ぐ効果が見込まれます。

-Xserver

とありました。

なりすましの広告を取り締まれるようになることで、収益化されない無駄な広告が流れることがなくなり、収益化される広告のみを確実に表示させられるようになるということですね。

 

コーキ
これはやるべき!!!

 

Google Adsenseのads.txtの設定方法

では、さっそく設定方法を説明します!

 

まず僕が使っているサーバーは「Xserver」で、Xserver独自の設定方法と他のレンタルサーバーと共通の設定方法の2通りあります。

 

途中までは同じなので、途中から二つに分けて両方紹介いたします。

 

まずは、Google AdSenseのホーム画面上部にある「要注意-収益に重大な影響が出ないよう、ads.txtファイルの問題を修正してください。」の右側にある「今すぐ修正」をクリックします。

 

クリックすると、お使いのウェブサイト専用のads.txtファイルを作成してくれるページに飛ぶので「ダウンロード」をクリック。

ダウンロードしたファイルを「各サイトのルートレベルのドメインにアップロード」するんですが、ここで「???」ってなる方が多いんじゃないかなって思います。

Xserverの場合、独自に「ads.txt」用の設定ができる項目があるので簡単に設定ができます。

 

ファイルをダウンロードしてからは2パターンやり方があるのでそれぞれ説明します。

①Xserverのサーバーパネルから「ads.txtファイル」を設定する方法

では、まずXserver独自のやり方での設定方法を見ていきます。

Xserverのサーバーパネルにログインしていただくと、左下らへん、"ホームページ"の項目の中に「ads.txt設定」があります。

こちらをクリックします。

そうするとads.txtの設定画面に移行します。

 

タブ欄真ん中の「ads.txt設定追加」をクリックして、設定を追加します。

以下、入力項目を一つづつ説明していきます!

(Google AdSenseの場合での例になります。)

Check

①広告システム:"google.com"と入力。

②サイト運営者ID:「パブリッシャーID」というものを入力します。Google AdSenseのアカウント→設定→アカウント情報からご覧いただけます。

③契約種別:サイト運営者ID で指定したアカウントを直接管理している場合、DIRECTを選択します。サイト運営者ID で指定したアカウントを直接管理していない 場合、RESELLERを選択します。

 

④認証機関ID: ここにはGoogleに割り当てられているコード「f08c47fec0942fa0」を入力します。コピペで構いません。

 

②サイト運営者ID参考画像(パブリッシャーID)

 

確認画面で「追加する」をクリック。

 

以上で設定は完了です。

タブ左の「ads.txt一覧」から確認できます。

ads.txtファイルを各サイトのルートレベルのドメインにアップロードする方法

こちらのやり方では、そのウェブサイトのファイルを管理している「ファイルマネージャー」にアクセスする必要があります。

または、ファイルを管理している「FTPソフト」を編集できるようにしておく必要があります。

 

いずれにせよ、やることは同じです!

 

僕はXserverを使っているのでXserverで説明します。

 

まず、Xserverにログインします。

そうすると「サーバー管理」の隣に「ファイル管理」があるのがわかります。

こちらをクリック。

 

 

クリックするとファイルマネージャーページに飛びます。

このファイルマネージャーページの適切の箇所に「ads.txtファイル」アップロードすれば完了です。

 

左側のフォルダから「該当サイトのフォルダ」→「public_html」を選択し、この中に「ads.txtファイル」をアップロードします。

 

アップロードは画面上部の「アップロード」から行えます。

 

アップロードが完了したら正しく動作してるか確認しましょう!

 

"自分のサイトのURL/ads.txt"にアクセスしてみます。

 

そうすると真っ白なページにads.txtの設定の内容が表示される以下の様なページが表示されます。

表示されれば設定完了です!

 

Check

①広告システム:"google.com"

②サイト運営者ID(パブリッシャーID):"pub-〇〇"

契約種別:"DIRECT"

④認証機関ID:"f08c47fec0942fa0"(Googleの認証機関ID)

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

これでなりすまし広告による被害はおきませんし、どんな些細なことがGoogleのSEO評価基準になるかもわからないので、Googleに勧められたことはやった方がいいですね!

僕の使っているサーバー「Xserver」は、こういったことにもすぐ対応してサーバー側から簡単に設定できるように項目を設けてくれたりと非常に使い勝手がいいです。

もし、機会があれば使ってみてはいかがでしょうか?

コーキ
おすすめだよ!

それぢわ_(:3 」∠)_

  • この記事を書いた人

コーキ

ドイツ在住20代。音楽制作のかたわらブログサイトを運営してます_(:3」∠)_ 基本何でも独学。英語学習、ワーホリ、ドイツ、音楽について「役立つ情報」を発信しています。よろしくね。

-SEO/ブログ運営

Copyright© BASE of KACE , 2021 All Rights Reserved.