EnglishLanguages

【テンプレ付き】英語でどうやって書くの?都道府県別!-日本の住所の書き方-【住所】

投稿日:

「海外の友人から贈り物、自分の住所を教えたいんだけど…」

 

「せっかくの海外から手紙、住所を伝えられんのだがw」

 

「外国の人にオススメのスポットの住所を教えてあげたいです


おはこんばんにちは!Kです!

海外に住む友人や恋人、もしくは海外からのお客さんに

住所を伝えなきゃいけない時ってありますよね?

 

そんな時に直面する問題。

 

「英語で住所って

どうやって書くのよ」

 

解決していきましょう!!

(テンプレは下にあるよ!!)


東京の場合

日本語表記の東京スカイツリーの住所は、

〒131-0045 東京都墨田区押上1丁目1−2

です。

次に、英語表記の東京スカイツリーの住所を見てみましょう。

海外観光客向けサイト「Live Japan」のページによると、

1-1-2, Oshiage, Sumida-ku, Tokyo, 131-0045

こう書かれています。

日本の住所の書き方とは逆で、初めに「丁・番地」(「1-1-2」)が来て、カンマ(,)を挟み、「町名」(「Oshiage」)、「区名」(「Sumida-ku」)、「都道府県名」(「Tokyo」)、最後に郵便番号になっていますね。

ここで一つ知ってもらいたいのが、「東京都」の「都」の部分。

「都道府県」、正確には「府・県」に当たる英語があります。

「prefecture」です。(東京都は「Tokyo Metropolis」)

Tokyo」の場合は必要ないようですが、

他の道府県の場合、この「prefecture」を付けるべきなのか必要ないのか。

まずは大阪、京都の住所でみていきましょう!


大阪、京都の場合

大阪で遊ぶと言ったらここ!

 

「Universal Studio Japan」

 

スカイツリーからの通天閣と思いきやですよ!

USJの住所は、

大阪府大阪市此花区桜島2丁目1番33号

です。

英語表記の住所探しましたよ!

そして、見つけました、、USJの企業情報の英語ページ

2-1-33 Sakurajima, Konohana-ku, Osaka

と、しっかり書いてありました。

こちらも「prefecture」が使われていませんね。

 

そして、京都は「清水寺」

清水寺の住所は、

京都市東山区清水1丁目294

です。

そして、清水寺のウェブサイトの英語ページには、

1-294, Kiyomizu, Higashiyama-ku, Kyoto-shi, Kyoto, 605-0862, Japan

と、ありました。

こちらも、「prefecture」がないですね。

次は北海道!


北海道の場合

北海道からは洞爺湖を選んでみました。

洞爺湖の住所は、

北海道虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉142

です。(最初中国語かと思った。)

そして、洞爺湖温泉協会の英語ページには

Toyako Onsen 142, Toyako-cho, Abuta-gun, Hokkaido

とありました。

こちらも「prefecture」はありませんが、北海「道」がそのまま「Hokkaido」になっていますね。

そして最後に、「県」をみていきます!


「県」の場合

43県の中から選びました。

山梨県は富士急ハイランド!

富士急ハイランドの住所は、

山梨県富士吉田市新西原5丁目6番1号

です。

そして、富士急のウェブサイトの英語ページによると、

5-6-1 Shinnishihara, Fujiyoshida-shi, Yamanashi-ken

となっています。

ここにきて、

「Yamanashi-ken」

 

Where is “prefecture” 🙄  🙄  🙄 

 


英語表記の住所のテンプレ

Mr. Shibuya Shibutani(宛名

#101 Shibuya-manshon,(#=号、名称はローマ字読みで!

1-2-3, Shibuya(番地→町、字など

Shibuya-ku Tokyo(市区町村→都道府県※「prefecture」はいりませんw

123-4567 JAPAN(郵便番号→国名を忘れずに!


・「prefecture」は必要ない。

・日本の書き方とは書く順序が逆。細かいところから!

・配達は日本の郵便配達員がするので細かい部分は最悪伝わればOkay!

(ただし、相手方の国の配達員がわかるように「宛名」、「都市名」、「国名」は入れましょう。)


はい、今回は都道府県別の住所の書き方をみていきました。

それぞれがユニークな書き方をしていて、おもろかったですね!

やっぱり英語のノリは「日本語みたいにお堅くなくていいなー」と思いました。

言語に関わらず、「伝わること」が大事ですもんね。

それぢはByeʕ•ᴥ•ʔ

K

もう1つ読んでミル?(๑・̑◡・̑๑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です