Slang/スラング

「lit」→「酔っぱらって、最高、楽しい」 意味や由来、使い方も!【スラング】

2018-11-26

【スラング】


lit

酔っぱらって、最高、楽しい、ワクワクする

 

ex)The after party was fuckin lit.

「アフターパーティーはクソ最高だったな。」

 


酔っぱらった状態や、ワクワクする、気分が上がるようなことを表す表現「lit」

 

元々は、「明るくする」を意味する「light」もしくは「light up」

過去形が「lit」、「lit up」でした。

 

「部屋を明るく」のような直接的な表現の他に、

「face」を用いて「表情が明るくなった」なども表現できます。

 

ex)When she saw her baby, her face lit up.

「赤ちゃんを見た時、彼女の表情は明るくなった。」

 

そんな「lit」ですが、

100年以上前から「酔っ払って」の意味で使われるようになりました。

詳しいことは明らかになっていないみたいですが、

酔っ払うと楽しくなる人って多いじゃないですか?

そして元々の「表情が明るくなる」という意味から、

意味が拡張して「酔っ払って」も意味するようになったんじゃないかと

僕は思います。

 

そして現在。

「最高」「楽しい」を意味する「lit」

96年には「Lit」というパンクバンドが誕生していました。

ふつーにかっこいいよ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

「The offspring」「Sum41」好きなら好きかも!

 

[embedyt] https://www.youtube.com/watch?v=sc5iTNVEOAg[/embedyt]

 

なので、 現在の意味での「lit」は90年代から使われていたんじゃないのかなと思います。

 

今では、Hip Hop界隈や若者たちに

広く使われていますね!

 

特にSNSやメッセンジャーアプリなどでよく見かけます。

  • この記事を書いた人
コーキ

コーキ

ドイツ在住20代。音楽制作のかたわらブログサイトを運営してます_(:3」∠)_ 基本何でも独学。英語学習、ワーホリ、ドイツ、音楽について「役立つ情報」を発信しています。よろしくね。

-Slang/スラング
-

Copyright© BASE of KACE , 2020 All Rights Reserved.